綺麗な状態にしておく

時計を高く買取してもらいたいと思っても、基本的にはその時計の価値はその時点で決まっているのですから、それほど大きな査定額アップのポイントはなかなか難しいものです。

箱やケース、保証書などの付属品もなくなっていれば、いまさらどうすることもできないです。そして、経年劣化も、売りたいと思った今ではどうすることもできないでしょう。

もし、数千円でもいいので少しでも高く買取してもらいたいという場合には、時計を綺麗な状態にしておく、掃除をするというのも一つの方法です。

先述のように経年劣化で部品その他の色褪せや傷等はどうすることもできませんが、汚れを綺麗にするということだけはできるものです。

毎日使用している時計であれば、ベルトの部分はもちろん、その他の部分も汚れているものです。

中を分解して掃除するというのは止めた方が良いですが、ベルトを外して丁寧に掃除することはできます。表面もちょっと拭くだけで汚れがある程度落ちます。細かく掃除することで、見た目はちょっと違ってくるでしょう。

時計の鑑定士からすれば、その時計が本物なのか、正常に動くのか、という点をしっかりチェックしますが、それとともに汚れ・劣化具合も見ます。

やはり汚れがいっぱいある時計ときれいに掃除されている時計では心証も違うでしょう。

そのため、時計そのものの機能は同じなので、大幅な買取価格アップは望めないかもしれませんが、綺麗にしておくだけで、数千円の査定額アップは勝ち取れる可能性はあるでしょう。

もし、ブランド時計を確実に高く売りたいのなら、ブランド品の買取店を比較しているサイト(http://brand-kaitori7.net/)を参考にするとためになると思います。